いよいよ衆議院議員選挙を迎え、関係者の間ではかなり動きが慌ただしくなってきました。すでに街宣車を走らせている陣営もあるようで、ここではPA(音響)を利用する際の注意点をご披露!

1.マイクの持ち方
ハウリングに悩まされている方の多くは、マイクの持ち方を間違えています。

画像で観る通り、正しい持ち方は左なのですが、右の持ち方をする方が多いようです。こうした方に聞いてみると「周りの音をなるべく拾わないようにしている」という意見があるのですが、右の持ち方だと周りの音を余計に拾ってしまいます。

カラオケのときも同じように、マイクはなるべく下の方を持つようにすると、マイクの本来の指向性(音を拾う方向)が発揮できるような設計になっています。

なお、この持ち方で改善できるのは「単一指向性マイク」の場合で、「無指向性」の場合はどうやっても改善できません。マイクが交換可能であれば、単一指向性のものを利用するようにしましょう。

 

2.吹かれ防止
どうしても大声を張り上げてしまう選挙演説では、マイクにカバーを付けることがしばしばあります。これにより、演説している人の唾液等がマイク本体に浸透しないようにしているのですが、たまに「ボフっ」という音が入ることがありませんか?これはマイク本体に息がかかってしまい、その音を拾っていることから来ています。いわゆる「吹かれ」というやつです。
そこで、マイクカバーの代わりに、ウインドスクリーンを利用する候補者の方が増えているようです。

ウインドスクリーンはマイクにかぶせて利用するもので、マイク本体を直接触れられないようにする上に、行きなどがかかってもそれを和らげて、吹かれを防止する効果があります。最近はいろんな色のウインドスクリーンが登場しており、先の都知事選においては、小池百合子陣営が、イメージカラーである緑色のウインドスクリーンを利用していたのが印象的でした。

 

3.音量
選挙戦も終盤に入ってくると、どうしても声が大きくなりがちで、音量不足を感じ始めてくる方も多いようです。しかし、そこで大きな声をだしても、じつは無駄だったりします。マイクから入力された音は、アンプで増幅されてスピーカーを鳴らします。このとき、マイク、アンプ、スピーカーには、それぞれ音量の上限があって、「規格以上の音は出せない」という問題があります。

わかりやすいように、単純な数字で考えてみましょう。マイクから10の音量で入録された音は、アンプで100倍に増幅され、1000の音量でスピーカーにおくられ、音を鳴らします。しかし、スピーカーの音量の限界が800の場合、1000の音量そのものは再生されず、大抵の場合音が割れる、またはスピーカーが破損します。

また、100倍の音量にするアンプに50の音量の音がマイクから入力されると、音量は5000となりますが、アンプがそもそも2000までの音量にしか対応していない場合、2000より大きな音はどう頑張っても出ません。やはり音が割れる原因となります。選挙カーの音が「割れてて聞きにくい」原因の殆どはこれです。

さらに、これは安いマイクや、反対に非常に高価なマイクなどを利用した場合に起こりがちですが、マイクの音量の限界が80であるところに、100の音量を入力すると、マイクで音が割れてしまい、それがそのままスピーカーから出力されます。この場合はアンプで音量を絞っても音質が改善することがありません。

このように、マイク、アンプ、スピーカーにはかならず「音量の限界値」があるので、音量不足を感じで大きな声を出しても、音量的にはそんなに変わらず、ただ音質が極端に低下するだけという結果となります。普段喋っているくらいの適切な音量で、きれいな音を響かせましょう。

 

~~~~

ほかにも、マイクを口に近づけすぎると低音ばかりが強調されて聞き取りにくい音となる「近接効果」があり、これを適切に使うと、低音の乗った、非常に聞きやすい音声になることが知られています。ぜひ音響機器の特性を十分にりかいし、きれいな音声で有権者に政策を訴えましょう!

 

 

Office Stray Catでは、スピーチに関するボイストレーニングや、マイクの扱いに関するクリニックを随時開催しています。ぜひご利用下さい。

【お問い合わせ】
info@stcat.com
03-6914-8120