統一地方選まで残す所あと1年少々となってきました。この選挙に出馬を考えている方はすでに準備を始めていることとおもいます。
今回の選挙は「ネット配信」を活用してみませんか?

Office Stray Catでは、毎週1回の生放送の実施を、月額5万円(消費税別)からお引き受けいたします。

◆「ネット政見放送」プラン
月額 50,000円
【ご提供内容】
・YouTubeまたはFresh!に候補(予定)者様の専用チャンネルを開設
・毎週1回の生放送実施
・放送内容に関するアドバイス等

皆様の事務所等からの放送も可能。また、会派や政党、グループなどでのご利用も可能です。

 

◆ネット利用選挙ワンポイント
ネット配信を選挙活動や政治活動として利用する場合、次のような点に注意が必要です。

『なるべく早めに始める』
選挙期間に入ってから始めようと思っても、けっきょく候補者様本人の遊説が最優先となってしまうため、ネット配信は全く出来ないと思ってください。ところが、選挙期間だけ配信を行おうとしている候補者様がかなり多いのも事実です。ネット配信はどちらかといえば「選挙演説」よりも「政策レポート配布」に近い存在なので、日頃から発信し続けることが重要となります。直近の東京都議会議員選挙などでは、希望の塔が圧勝する中、SNS(主にBLOG等)を地道に続けている候補者ほど「生き残った」という実績もあるようです。

『ワーキングアワーは避ける』
候補者様自信も、ワーキングアワー以外はプライベートに宛てたいと思うことは当然ですが、有権者が働いている時間帯に配信を行っても、誰も見てくれません。録画を見てもらえる可能性は否定しませんが、そもそも番組の存在に気が付かれない場合があります。ネット配信のゴールデンタイムは19時~24時。この時間帯をターゲットにして配信を行うことが重要です。