VPNを使って別の場所から映像伝送をするには、社内にVPNサーバーを構築、ルーターの設定を変更、接続先の認証登録等などやらなければならないことがたくさんあり、業務の片手間で実施するのは難しい作業であるといえます。
Office Stray Catでは、社内ネットワークの設定変更をすることなく、簡単にVPN接続ができるシステムをご提供しています。

弊社で設定済のVPNルータを社内に設置していただくことで、ルータはインターネット接続を認識し(社内ネットワークにDHCPによるIPアドレス自動払出が有効になっていることが条件となります)、自動的にクラウド上にあるVPNサーバと通信を開始します。また別の拠点も同様にVPNルータを設置することで、それぞれの拠点にあるVPNルータは同じVPNサーバに接続されます。これにより、双方の拠点に設置したVPNルータは、長いLANケーブルと同様の働きをすることとなり、自由に通信を行うことが出来ます。また、VPNルータ間は既存の社内LANと独立して動作しますので、VPNから社内LANへのアクセスは出来す、不正侵入による被害を抑えることが可能です。

 

ここに、弊社取り扱いのハードエンコーダとデコーダをそれぞれの拠点に設置します。エンコーダにはHDMI端子から様々な映像・音声ソースを入力できます(機種によっては3.5Φステレオミニジャックで音声を入力できます)。別拠点にあるデコーダーは、VPN経由でエンコーダに接続し、安定した映像伝送を受けることが出来ます。

また、エンコーダー、デコーダ以外のNWに接続機器を利用することも可能で、拠点Aに設置しているNASを拠点Bで利用するといったこともできます。

Office Stray Catでは上記システム一式をご提供することが可能です。構築済のクラウドVPNサーバと、各拠点設置用の設定済VPNルータをご提供。届いたその日に各社NWにに接続すればすぐにVPNが利用可能です。

【ご利用料金】
クラウドVPNサーバー
1台 3,500円/月~(通信量1TBを超過すると加算料金が発生します)
VPNルーター
1拠点 1,500円/月

【お問い合わせ】
Office Stray Cat
info@stcat.com
050-5891-8628